平均を目指すか、平均を超えるか

投資には大きく分けて二つの種類があります。一つはインデックス投資、もう一つはアクティブ投資というものです。ファンドなども大きくこの二つに分類することが出来、どちらを利用するのかによってその効果に違いがあります。では、それぞれどういった投資方法なのでしょうか?

インデックス投資というのは、インデックスと呼ばれる市場指数に則って投資を行う方法です。市場指数として代表的なのは、TOPIXやダウ平均株価などです。インデックス投資ではこれらを見ながら、できるだけインデックスに近づけるように投資を行なっていくことになります。インデックスから遠ざかるような投資を行うことはないため、安定した投資を行なうことが出来ます。

大してアクティブ投資というのは、このインデックスよりも高い効果が出るように投資を行うという方法です。成功した場合の投資効果は大きくなりますが、その代わり成功が難しいというのがアクティブ投資の特徴です。

ヘッジファンドのような常に黒字化を目指す投資期間はこちらを用いている事が多いようです。実力が大きく問われる投資であるため、よほど自信がないのであれば、個人投資家がアクティブ投資を行うのは危険です。

海外投資に伴うリスクを知っておく

海外不動産への投資というのは、国内不動産への投資以上に様々なリスクを持っています。しかしながら、そのリスクを超えてでも利用したくなるような効果を持っていることも確かであるため、リスクについてしっかり理解した上で利用することが重要になります。

では、海外不動産投資におけるリスクとしてはどんな物が考えられるでしょうか?まず一つに、言語の壁があるために投資先の不動産会社などについて、その雰囲気を知るのが難しいということが挙げられます。怪しい会社だったとしても、英語の感覚では分かりにくいこともあり、投資先の選択が難しくなってしまうというリスクです。

さらに他にも、海外にも国ごとのリスクというものが存在しています。投資先として安定している国もあれば、そうではない国もあります。例えば特に大きいのが戦争によるリスクだといえるでしょう。日本国内にいるとなかなか実感しにくいですが、世界には戦争下にある国がたくさんあり、こういった国は投資先としては適していません。

例えば身近なところで言えば、お隣韓国も戦時下の国です。北朝鮮とはあくまでも休戦協定を結んでいるだけなので、現在も戦時中であり、投資先としてはリスクが高いことに違いはありません。

リスクコントロールをしながら海外に投資する

海外に対する投資というのは、どうしても多くの人が尻込みしてしまうのではないでしょうか。日本人は安定志向であり、かつ内向きな国民性であると言えます。そのため、投資自体を行なう人がすくなく、投資を行なう人の中でも投資先を海外にしている人は多くありません。しかしながら、投資の世界というのはやはり世界に目を向けることが重要になります。

というのも、世界にこそ投資市場というのは大きく広がっているためです。日本国内の投資というのはそれほど高い利率を持っていることはありません。そのため、投資効果がそこまで高くはないのです。対して海外の場合にはそれが大きくなっている場合が多いのです。

とはいえ、リスクとリターンがトレードオフ、というのが投資の世界の基本中の基本です。おいしい話は基本的に信じてはいけません。そのため、海外投資を行なうのであれば、相応のリスクコントロールを行なう必要があります。その手法として行なわれているのが、海外積立投資ということになります。

一括投資ではなく積立投資とすることによって、ドルコスト平均法の恩恵に預かることができます。ドルコスト平均法は投資リスクのコントロール法として非常に有用です。

ドルコスト平均法を利用して海外積立投資をはじめてみませんか?

高い利回りが期待できるマンション投資

少子高齢化が進むようになっている日本では、今後も、このような状態が進ようになるといわれています。しかし、少子高齢化は、公的年金を支払う人が少なくなり、逆に公的年金を受け取る人が増えるようになってしまうといわれています。そのことから、将来は、年金不足によって老後の生活に満足できなくなるといわれるようになっています。

足りなくなる資金を蓄えるために、多くの人は従来、銀行預金を行なってきたようですが、景気の影響を受けて低金利なことから、老後の生活費を稼ぐには満足したものとはならないとされています。

資金づくりでは、大きな利益が得られる方法が求められるようになっているため、効率よく、長期的に安定した資金づくりが必要とされるようになっているのです。安定した資金づくりとして最近は不動産投資への関心が高まるようになっています。

中でもマンション投資に人気があるようで、マンションを買ってから他人に貸す投資用マンションの活用が行われるようになっています。賃貸を目的とした投資用マンションは、高い利回りが期待できるようになるといわれていることから、今後、公的年金不安を解決する安定した資金づくりとして注目されるようになっています。

株式投資はハイリスクハイリターンである傾向がある

株式投資をしていく際には、投資をしっかりと知っていくことが必要ですが、株式投資のイメージというのは投資全体に影響を与えている傾向もあります。
投資と聞くと、ハイリスクハイリターンのイメージを持ってしまう人もいるかもしれませんが、このハイリスクハイリターンというのは、株式投資の特徴であると言ってしまうことができ、他の種類の投資に必ずしも当てはまるということではありません。

株式投資のイメージが強くあると、投資について大きな偏見を持ってしまうこともありますが、だからと言って投資が安全であるということではありません。どのような投資であっても、必ずと言って良いほどリスクはあり、そのリスクに注意をすることができないと損失を出してしまいがちです。

そのため必要以上にリスクを甘く見てしまうよりは、ハイリスクであるということを意識していたほうがまだ安全であると言えます。
株式投資をしていく上で、ハイリスクであることを知れればそれだけ慎重になることができます。しかし、ハイリターンであることばかりに目が行ってしまうことがあるとそれは失敗の予兆とも言えるでしょう。

ハイリスクであるということを確実に知っておき、意識しておきたいものです。